Lotus

いわゆる雑記ブログでございます。

私が株ではなく投資信託を選んだ1つの理由


スポンサーリンク

f:id:saraliblog:20171230203519j:plain

 

さらです。

先日2017年の運用成績をまとめた記事を書きました。
現在、投資信託で資産運用をしています。
わたしが株ではなく投資信託を選んだ理由は

株の管理を行うのが面倒だから

です。
今回はその考えに至った経緯を書いていきます。

株の勉強を始めるまで

わたしが資産運用をやってみたいと思って勉強を始めたのが2~3年前です。
その頃、セミナー・ネットで調べて運用候補を3つ挙げました。

  • 不動産投資
  • FX

です。
その中で投資した金額以上には損をしない、株を勉強しようと決めました。

株の勉強~挫折

株の仕組みは学生時代に勉強をしていたので、すんなり理解できました。
証券会社に口座を開設して、売買する準備も整いました。
問題は

どの株を買えば良いかが分からなかった

のです。
口座を開設してからどの株を買えばいいか勉強を始めました。
その中で分かったことは

  • 自分の興味のある分野のアンテナを高くして、どの会社が儲かりそうか調べる
  • 会社の分析を行い、上がりそうな有望株を見極める

ことです。
大企業の株を買っても下がることがあります。 株で儲けたいと思うのならば、その時々で上がる株を見極めなければならないのです。 株を安い時に買って、高くなったら売ることで稼いでいくのです。
このあたりで手間がかかるなと思い始めました。

そして、有望株を知るための分析が難しくて挫折しました。。。
分析をするための便利なツールがいろいろありますが、私にはそれが使いこなせないと思ったので別の道を探りました。

投資信託の出会い

そんなこんなで株を半分あきらめ、ネットサーフィンをしている 中で投資信託と出会いました。
今から思い返すと、積み立てNISAが2018年から始まることもあり、時期がよかったのかもしれません。 多くのブログ、ホームページで紹介されていました。
調べてみると下記のメリットがあり、手間がかからないので投資信託で投資を始めることにしました。

投資信託のメリット

資産運用をプロに任せられる

投資信託は、投資家からお金を集めて資産運用のプロが運用する金融商品です。
どの株を買えばいいか分からなかった私でも、株を含む資産運用を簡単に始められることができるのです。
自分で株を選ぶとすると、上がる株を見極めなければなりません。 投資信託を購入することで手数料がかかりますが、株の選択にかかる時間を別のことに使えるのです。
私にはそれが魅力的に思いました。
休日は自分の好きなことをしたいし、儲かる可能性があったとしても、株の勉強のみに時間を割きたくはなかったからです。

小額から投資できる

今は楽天証券で最小100円から投資できます。
自分で株を購入するとなると、人気の株だと何万単位のお金が必要です。
投資信託は複数の投資家から資金を集めて運用するので、自分では買えないような大企業の株を持つことができるのです。

分散投資ができる

投資信託の種類にもよりますが、国内外の株、債券に投資できます。
投資信託を1口購入することで複数の企業に投資ができるのです。
様々な企業に分散して投資をすることで、リスクも分散できます。
1つの企業の株が下がっても、ほかの企業の株で値下がりをカバーできる場合もあるのです。 その逆で値上がり幅が緩くなることもありますが、安定して運用できることがメリットです。

まとめ

株でうまく資産運用をしている方もたくさんいます。
しかし、わたしはうまく株を選ぶことができませんでした。
投資信託を利用することで時間も有意義に運用することができました。