Lotus

いわゆる雑記ブログでございます。

「Flatlay sheet」を使っておしゃれな写真を撮ってみた


スポンサーリンク

f:id:saraliblog:20180325195024j:plain

 

さらです。
わたしはブログで使用する写真を撮るときに、いつもこのスペースを使っています。

f:id:saraliblog:20180325195541j:plain

何回かここで撮っているうちに同じ背景で飽きてしまうなと感じ、もっと違う撮り方をしてみたいと思いました。
そんな時に知ったFlatlay sheet」!
今回はこちらを使って写真を撮ってみました。


「Flatlay sheet」はどんな本?

Flatlay(フラットレイ)とは平らなレイアウトという意味です。
写真を撮る際に下に敷いたりして使えるシートがまとめられた本です。
シート以外にも、写真の撮り方やアプリも紹介されています。

f:id:saraliblog:20180325203458j:plain

シートの一例です。
裏表で使えるシートが16枚、32シート分収録されています。
写真右から2番目の緑の植物のシートは2枚、右から3番目の白い大理石のシートは、4枚収録されていました。
シートの大きさが約30×22(cm)なので、少し大きめの被写体ははみ出してしまいます。
そういう時は2枚で拡張して使えます。

実際に使ってみた!

ということで、実際に使ってみました!
被写体は休みの日に作った、りんごのタルトタタンです。

f:id:saraliblog:20180325210210j:plain

こ、これは・・・
ちょっと色味が悪いですね・・・
味はおいしかったんですけどね。

「Flatlay sheet」でも紹介されているアプリの一つで、色味を調整してみました。

Snapseed
Snapseed
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ



おっ・・・!

f:id:saraliblog:20180325212906j:plain

これは・・・

f:id:saraliblog:20180325212922j:plain

なかなか・・・!

f:id:saraliblog:20180325212940j:plain

おしゃれな感じになったんではないでしょうか?

今回撮影をして思ったこと

いやーアプリの補正は偉大ですね!
部屋自体が自然光が入りにくいというのもあるんですが、アプリなしだと少し暗い感じになってしまいます。

「Flatlay sheet」も使用して、いつもの場所とはまた違った雰囲気で撮ることができました。
シート1枚で撮影したのですが、お皿がシートからはみ出してしまうのでかなりズームして取りました。
被写体がシートより大きいと、撮り方も工夫が必要ですね。

「Flatlay sheet」でまだ使用していない柄もあるので、今後写真を撮る際には使っていきます!