Lotus

いわゆる雑記ブログでございます。

1週間作り続けて知った、おいしいオムライスを作るための3つのポイント


スポンサーリンク

f:id:saraliblog:20180506210108j:plain

 

さらです。
ゴールデンウィークにひたすらオムライスを作っていました。

  • しっかり卵のオムライスで3日間
  • ふわとろオムライスで3日間
  • 1日は帰省でお休み

今回はオムライスを作り続ける中で知った、おいしく作るための3つのポイントを書いていきます。

チキンライスのケチャップは先に炒める

まず1つ目!
チキンライスのケチャップは具材と一緒に、ご飯より先に炒めましょう!

以前、赤色のチキンライスを作りたくて、ご飯や具材を炒めた上でケチャップを大量投入したことがあります。
その際はべちゃべちゃになっておいしくできませんでした。

玉ねぎ、鶏肉等の具材と

  • 1人分:大さじ1杯のケチャップ

    を先に炒めます。
    容量を守って、ケチャップを追加投入することなく、具材と絡めるようによく炒めるのです。
    その後で、ご飯(茶碗かるく1杯)を投入します。
    そうすることで、全体的にきれいなオレンジ色のおいしいチキンライスが出来上がります。

    オムライスのレシピは『たいめいけん』のレシピを参考にさせて頂きました。
    (今回白ワインは使わないで作りました。)
    たいめいけん

    卵は余熱で火を通す

    2つ目はライスを包む卵を作る際のポイントです。

    卵は余熱で火を通しましょう。
    (ふわとろオムライスを作る際には特に!

    フライパンをコンロに置きっぱなしにすると、すぐに火が通って固まってしまいます。
    卵のふちがある程度固まったら、火を弱めて、フライパンを手でもってコンロから浮かせるのです。
    そして目を離さずに、自分の好みの硬さになるまで熱を通すのです。

    わたしは、白身が固まってなくてドゥルンとなっているのが苦手なのですが、 フライパンを浮かして1分くらい待ったら、白身もいい感じに固まったふわとろな卵を作ることができました。

    見た目を整える

    おいしいと思えるには「見た目」も大事な要素です。
    3つ目は盛り付け、見た目のポイントです。

    オムライスのレシピで
    「フライパン上で、薄焼き卵の上にチキンライスを乗せてひっくり返す」
    というものがありますが、わたしは上手くできませんでした。

    ひっくり返すの失敗した図
    f:id:saraliblog:20180507205529j:plain

    オムレツ状にまとめるのではなく、焼いた卵をスライドさせて盛り付けることできれいにできました。

    しっかりオムライスを作る際に、きれいな木の葉型にならずに苦労したんですけれども
    チキンライスを丸くまとめ、そこに卵を乗せてスプーンで形を整えることで、きれいにできました。
    f:id:saraliblog:20180507211911j:plain

    わたしはお店でオムライスを頼むと出てくるような、大きくて平らなお皿は持っていません。
    上の写真は形はきれいにできましたが、お皿が小さいので少しキツキツに感じます。

    ふわとろオムライスを作った際には丼ぶりを使いました。
    その時には卵をフライパンより一回り小さく焼くことで、きれいにどんぶりに収まりました。
    使う食器に合わせて盛り付けをするか、料理に合わせて食器を選ぶことで、見栄えが良くなります。
    オムライスチャレンジの感想

    失敗もしましたが、自分がおいしいと思えるようなオムライスを作ることができました。
    この感覚を忘れずに、これからもオムライスを作っていきます。
    個人的な意見ですが、
    しっかり卵のオムライスにはケチャップが、ふわとろオムライスにはハヤシライスのルーが合いますねぇ~