Lotus

いわゆる雑記ブログでございます。

【書評】「うまく」「はやく」書ける文章術


スポンサーリンク

f:id:saraliblog:20180520211925j:plain

 

さらです。
最近「もっと良い文章を書けるようになりたい」と思って本を読んでいます。
今回は「うまく」「はやく」書ける文章術の書評を書いていきます。

情報収集の方法から文章の磨き上げ方まで書かれていて、
SNSで使える文章術については1章分(約40ページ)使われています。
文章が書けなくて悩んでいる人に、おすすめ!


本の内容

本の章構成は以下のようになっています。

第1章 文章の良し悪しは「情報整理」で決まる!
第2章 「あっち情報」を集める
第3章 「こっち情報」を集める
第4章 レバレッジを最大化する「見取り図」ワーク
第5章 文章あてはめフォーマット術
第6章 SNSで使える文章術
第7章 完成度をカクダンに高める「磨き上げの技術」

  • 何を書けばいいかわからない
  • 文章がうまく書けない
    このような悩みを持っている人に向けて書かれています。

    文章作成には情報を収集し、読者に分かりやすく加工することが必要です。
    情報収集方法として2パターン記載されています。

    あっち情報(周辺情報):本、雑誌、インターネット、テレビ等の各メディアの情報収集
    こっち情報(自分情報):自分の感情や体験したことから情報を棚卸

    集めた情報から、どのような人に読んでもらいたいか
    どのようなことを書いていくかを決定します。
    そしてフォーマットに落として書いていきます。

    書評

    この本では、うまい文章とは「目的を達成できる文章」とされています。
    文章を読んだ読者に商品を買ってもらいたい、知識を身に着けてもらいたいという目的です。
    本の内容は大半が文章の書き方というより、情報から文章に落とし込む方法について書かれていました。

    読後に記事を書いて思うのですが、目的が曖昧だと何を書いていいか分からず書き辛いです。
    思ったことを羅列していくだけなら文字数は増えますが、読者に伝わる文章とは言えないです。

    このブログは好き勝手に、細かく考えずに書いていました。
    自己満足目的ならそれでいいですが
    アクセス数を増やしたい、利益を上げたいと考えていくと
    いろいろ考慮して書いていく必要があるなぁと思います。
    この本で学んだ文章術は、リライトで使っていきたいと思うのでした。

✿✿✿



小太りさんのセミナーで習ったことが書かれているなぁと思ったので、セミナーはとても有益だったんだなぁ~
www.sara-lib.com